多文化共生の真実~路上に広がる”ゴミ”の山~

こんにちは!らっきーと申します!

今の時代『グローバル』だの『多文化』だの、いろんなことを言われていますが…。

ただでさえ日本人同士でも喧嘩が絶えないのに、どうして他国の人と仲良くできると思うのか…。

そもそも『常識』から違うのにどうしてなんの衝突もないと思うのか…。

衝撃のツイート

 

見るからに汚れていますね…。

これが現代の東京で起こり得ているのです。

ツイートでは『スラム街』と揶揄していますが、まさしくその通りでしょう…。

カラスとかも寄って来そうですし…。

これの問題はズバリ『外国人』です。

もちろんすべての外国人がこんなことをするわけではないです。(日本人もしてるパターンもあるし)

しかし向こうからすれば『なんで従わないといけないんだ?俺たちの文化と違うのに?』というものがあるわけです…。

そもそも日本のように小奇麗な国なんて少数派なんです。

だから『多文化共生』の末路はこのようになるのでしょう。

広告


 

ツイートに関しての反応

 

みんなもこのような『ゴミ山』に関して他人事ではないという感想を残しています。

事実大田区以外でも外国人が住んでいる場所はありますし…。

こんな感じでどんどんゴミ山が増えていくのかなぁ…。

広告


まとめ

 

そのうちこんな景色が日常となるのだろうか?

そんなものはごめんだが…。

広告


多文化共生の真実~路上に広がる”ゴミ”の山~」への1件のフィードバック

コメントを残す